三菱EV軽自動車 ちょっと試乗 2022年6月

初投稿
先日 三菱のEV軽自動車に試乗してきた、販売店の駐車場のみ走行しただけなので
本当にちょこっと試乗
ドアの開閉音は安物の普通の軽自動車と同じ金属音のような感じでした。安っぽい音でこれは驚いた。200万円の音ではない。
走行は加速が良いし静か。i-MievやミニキャブミーブほどではないがEVの走りである。

カタログを読む 電池容量の保証についての項目を見ると

安心の駆動用バッテリー保証 8年16万km という文字は大きく書かれていた

 容量保証※2 については 老人には読みにくい超小文字で表示されていた

駆動用バッテリー容量が66%を下回った場合に、無償で修理・交換いたします。
とありました。

なんと70%ではなく66%になっている。 これはかなり急速充電器を利用してないと66%切りにいけないだろうと思います。
EV車の電池性能は10年ほどの歴史がありますがまったく進歩していないようです。期待外れです。

ミニキャブミーブEVでは7年目で駆動用バッテリーを交換してもらいましたが同じような感じなのでガッカリです。
普通に普通充電のみで使えば66%には到達しないだろうから乗り換えして新しいEV車を購入することになるだろう。

現在のミニキャブミーブは気温が上がってきたので満充電では110~120kmの走行可能距離となっています。
本当に街乗りのみ利用するとガソリン給油が必要ないので家計に貢献しています。


おわり




この記事へのコメント